田村コンタクトレンズ(青森県黒石市のコンタクトレンズ取扱店)

田村コンタクトレンズでの
取り扱い商品

メニコン
  • メニコンZ
  • セレスト
  • メニフォーカルZ(遠近両用)
  • ソフト72トーリック
  • 2ウイークプレミオ
  • 2ウイークプレミオトーリック
  • 2ウィークメニコンレイ
  • 2ウィークメニコンレイトーリック
  • 2ウィークプレミオ(遠近両用)
  • メニコンワンデー
アルコン
  • エアオプティクスEX
  • エアオプティクスアクア
  • エアオプティクス乱視用
  • エアオプティクスブライト
  • エアオプティクスカラーズ
  • エアオプティクスアクア遠近両用
  • ディリーズトータルワン
  • フォーカスディリーズ コンフォートトーリック
  • ディリーズアクアマルチフォーカル
  • フレッシュルックデイリーズ
  • フレッシュルックデイリーズイルミネート
ジョンソンエンドジョンソン
  • アキュビューオアシス
  • アキュビューオアシス乱視用
  • ワンデーアキュビュートゥルーアイ
  • ワンデーアキュビューモイスト乱視用
  • ワンデーアキュビューデファインモイスト
サンコンタクトレンズ
  • サンコンマイルド2
  • サンコンマイルドパーム
  • サンコンマイルドEpi
  • サンコンマイルド2バイフォーカルタイプ
アイミー
  • アイミーサプリーム
  • アイミーサプリームバイトーリック
  • アイミークリアライフ(遠近両用)
  • アイミースーパーソフト
  • アイミーアクティブカラー
  • アイミーソフトトーリック
ボシュロム
  • メダリストプレミアマルチフォーカル(遠近両用)
クーパービジョン
  • バイオフィニティ
  • バイオフィニティ乱視用
  • バイオフィニティマルチフォーカル
  • My Day(マイデイ)
  • My Day(マイデイ)トーリック
  • プロクリアワンデーマルチフォーカル
  • バイオフィニティXR(強度近視用)
シード
  • 2ウイークピュアカスタムメイド(強度近視用・強度遠視用)
  • ワンデーピュア(強度近視用)
東レ
  • ブレスオー

コンタクトレンズの価格

ハードとソフト、それぞれの特徴

ハードコンタクト

長所

  • 硬いレンズのため乱視も矯正可能で矯正効果に優れる。
  • 角膜全面を覆わないため、角膜が酸素不足になりにくい。
  • 使い捨てはないが耐久性に優れているためケアをしっかり行えば3〜5年もつ。よって経済的。
  • 水分を持たないレンズのため、細菌が付着しにくい。

短所

  • ソフトレンズに比べれば装用時の入れ心地は劣る。
  • 激しい運動で外れることがあるので、激しい運動には不向き。
ソフトコンタクト
(1日・2週間・1か月使い捨て)

長所

  • 装用感が良い。
  • 使い捨てレンズであるため、汚れれば廃棄し、新品のレンズを装用できる。
  • 激しい運動をしても外れないのでスポーツに向いている。

短所

  • 見え方の切れ味はハードコンタクトよりも劣る。
  • 角膜全面を覆うレンズのため角膜が酸素不足になることがある。
  • レンズそのものが水分を持っているので細菌が付着しやすい。

現在は使い捨てソフトコンタクトレンズを多くの方が使っていますが、眼の健康を保つ上で一番良いのは今でもハードコンタクトレンズです。

コンタクトレンズのケアは毎日おこないましょう

コンタクトレンズには、涙に含まれるタンパク質や脂肪、装脱時の手の汚れなどが付いています。
これをそのままにしておくと、レンズの寿命を縮めてしまうばかりでなく、目にも悪影響をあたえます。
コンタクトレンズのケアは、毎日欠かさずおこないましょう。

レンズのケアの仕方

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズ用酵素洗浄保存液:蛋白分解酵素入り
当院推奨ケア用品:メーカー毎に推奨する商品が違います。

メニコン O2ケア アミノソラ
アイミー O2用 ワンオーケア
サンコンタクト ケアマイルドモイスチャー
消毒手順
  1. 石鹸で手を洗い、レンズをはずし、レンズケースのホルダーにはめて、流水で5〜10秒すすぎます。
  2. すすいだレンズに洗浄保存液をかけ、20〜30回こすり洗いをします。レンズは示指・中指・親指の3本でこすってください。
  3. レンズケースに9分目まで洗浄保存液を入れます。
    ホルダーにこすり洗いしたレンズをセットし、軽くすすいだら、レンズケースにキャップをします。4時間以上保存し、消毒完了です。
  4. レンズ装着前に、ホルダーにセットしたままのレンズを流水ですすいでから装着してください。

※ なかなか落ちない汚れが付着した場合は、眼科でご相談ください。
※ 目やレンズの調子が悪くなくても、3ヶ月に一度の定期検査を受けましょう。
※ レンズ装着後は古い液を捨て、ケース及びホルダーを流水ですすぎ洗いし、自然乾燥させてください。(ケースも半年に一度は交換しましょう。)

  • 流水ですすぎます。

  • 指でこすり洗いします。

  • 4時間以上消毒します。

  • 装用前にもう一度流水ですすぐ。

頻回交換ソフトコンタクトレンズ(2週間・1か月使い捨てソフト)
(ポピドンヨード消毒剤を用いて:推奨)

当院推奨ケア用品:ポピドンヨード消毒剤

クリアデュー ファーストケア
消毒手順
  1. 石鹸で手を洗いレンズをはずします。はずしたレンズを手のひらにのせ、溶解・すすぎ液を10滴程たらして表・裏それぞれ30回ずつ指でこすり洗いをします。
  2. こすり洗いしたレンズを、溶解・すすぎ液ですすぎ、専用ケース(フタ部分)にセットします。
  3. 専用ケースに錠剤(消毒。中和錠)1錠と溶解・すすぎ液を水位線まで入れます。
    ケースのフタをしめて、消毒開始です。錠剤が発泡し、液がオレンジになります。
    時間がたつと無色の液になり、4時間以上放置して消毒完了です。(15〜25℃の常温で行ってください。)
  4. 〜装用の前に〜
    ケースから取り出したレンズを必ず溶解・すすぎ液でよくすすいでから装用してください。

※ 使用後のケースは水道水でよくすすぎ、自然乾燥させてください。ケースは購入ごとに必ず取り替えてください。
※ 消毒中和錠と溶解・すすぎ液は必ず指定の組み合わせで使用してください。(溶解・すすぎ液のみ使用では消毒効果はありません。)

  • レンズをこすり洗いします。

  • すすぎ専用ケースにセット。

  • 4時間以上消毒します。

  • 装用前に溶解すすぎ液ですすぎます。

  • 溶解・すすぎ液は必ず指定の組み合わせで。

頻回交換ソフトコンタクトレンズ(2週間・1か月使い捨てソフト)
(MPS:オプティフリーなどの1本タイプの洗浄消毒剤を用いて)

当院では消毒効果が低いため推奨しておりませんが広く普及しているため消毒手順を列挙します。

消毒手順
  1. 石鹸で手を洗いレンズをはずします。はずしたレンズを手のひらにのせ、洗浄液を10滴程たらし、レンズを表・裏それぞれ30回ずつ指でこすり洗いをします。
  2. こすり洗いしたレンズを、洗浄液でしっかりとすすぎます。
  3. レンズケースに、洗浄液を満たし、レンズを液に完全に浸します
    ケースのふたをしっかり締め、4時間以上放置して消毒は完了です。

※ レンズを装着する前にも、洗浄液ですすぐことをおすすめします。
※ レンズ装着後のレンズケースは中の古い液を捨て、洗浄液にてよくすすぎ洗いをした後に自然乾燥させてください。
長い間使ったケースは、一見キレイでも、実は細菌がいっぱいです。眼にトラブルが起きないよう清潔なケースを使いましょう。

  • レンズをこすり洗いします。

  • 洗浄液でしっかりすすぎます。

  • 4時間以上消毒します。

  • 装用前にもう一度洗浄液ですすぐ。

カラーコンタクトレンズの危険性

近年、カラーコンタクトレンズの装用による眼障害が増えています。
カラーコンタクトレンズそのものの性能がそもそも良くないと言うこともありますが、それに加え、眼科を受診せずにインターネットや雑貨店で購入し、正しい使い方やケアの仕方を知らずに使っている人が多いということも背景にあります。
当店でもカラーレンズ、サークルレンズを扱っておりますので、眼科でフィッティングと矯正を受け,装用練習、使い方の説明を受けてお求め下さい。

コンタクトレンズについてのお問い合わせは
tel. 0172-52-4395またはcontactlens@tamura.gr.jpまでお願いします。